2018年06月17日

志士の作った維新ならず者国歌

 政権獲得までは「尊皇攘夷」が大義でありながら、蛤御門の変では御所に平気で大砲を打ち込み、不都合な孝明天皇を暗殺したとされる志士たち。国内治安の擾乱で幕府を挑発し、戊辰戦争を引き起こした。この時あろうっことか偽詔勅、偽錦旗をでっち上げて自らを官軍と名付けた。まだ少年の明治天皇を拉致したのだ(天皇の政治利用)。官軍には悪評紛紜の海兵隊が含まれていた。一部については会津列藩同盟の発生の行り、榎本武揚が寄稿した時の行状との比較で述べたから、繰り返さないが、学問教養を身につけ得なかった出自のマイナスぶりはけんちょだった、

 E・バークが述べたように「革命家というのは現体制を破壊できればよいので、どのように統治するかなぞ考えぬものふぁ」。との指摘通り、夢に見た権力におぼれ、傲岸に私欲を満たすことに専心した。暴力革命にありがちなことだ。維新政府樹立に大功のあった西郷隆盛については、ちと評価が難しい。江戸の治安撹乱(強盗、強姦、辻斬り、放火など)用に赤報隊を作ったのは彼だし、暴力革命論者の筆頭だった。一方、革命成就後の世界を構想し、廃藩置県などを岩倉遣欧使節団の渡欧中にさっさと片付けたのが彼だった。因みに使節団は表の建前のほか、厄介な内政から逃げ出す目的を持つものfがいた(逃げの桂小五郎、後のもみ消しもその一人)。下級武士、下級公家からなる維新志士政府に統治能力のあろう筈がなかった。

 維新政府の腐敗ぶりをもみ消して歩いたのが木戸孝充だった。彼らが文字通り木戸の長州閥子分だったからだ。辛なのは山縣・伊藤・井上たちだ。子分の不祥事のもみ消しに奔走、それも後の明治政府の要人になる連中だ。たとえば、「明治六年政変」(我が角川日本史辞典に記載なし、ホワイトウオッシュか)という大混乱では子分を守る為怠惰を左右させた(原田伊織「三流の明治一流の江戸)。或いは「小野組転籍事件。
原田伊織によれば、
<これも木戸が子分救済に一生懸命になった事件がある。
 舞台は京都。主役は、京都府参事槙村正直、後に男爵、元老院議官まで’昇った長州閥の大物である。被害者は、三井などと肩を並べる江戸期以来の豪商小野組。その他やはり井上と実は木戸自身も絡んでいる。

 小野組の本拠地は京都であったが御一新後、東京が首都になり、小野組の商売も東京が中心とならざるを得なかった。そこkで明治6(1873)4月、小野家は東京への転籍を願い出たのだが、京都府はこの願書の受理を拒否した。理由は明白であら。
 
 当時の新政府地方官は、ひち言で言えば、天下が薩長のものになって己が旧大名に代わって新しい大名になった程度の認識しか持っていなかったのである。そこで、公的な税金ー公租以外に臨時の金を豪商に出させることが当たり前のように行われていたのである。この金は、参事や後ろの県令を中心とした地方官の懐に入るのだ。従って、転出をさせなかったのである。

 問題は槙村が木戸の懐刀であったことだ。木戸の政治資金はほとんど京都府から出ていたと言われている。政治資金などともっともらしい表現をしたが、私的な金を含む全収入と考えて差し支えない。木戸が京都の屋敷を入手するとき、それを担当したのが槙村である。さらに小野家は三井の商売敵、三井といえば井上であり、井上も木戸の子分である。西郷が井上に面と向かって「三井の番頭さん」といったことは、あまりにも有名だ」

 ・・・
 槙村、井上どちらにせよ金づる小野組の転籍はなんとしても認めるわけに行かぬ。「なんと小野家当主を白洲に引っ張り出して転籍の断念を迫る」という暴挙に及ぶ。堪り兼ねた小野家は、当時注目されていた「司法省通達第四十六号」を頼って、恐れ多くも天朝の役所である京都府を相手に訴訟を提起した。司法卿江藤新平は、明治期には稀有な法治主義の鬼だった。

 京都裁判所は、小野家の主張を認め転籍願いの受理を京都府に命じた。

<ところが、京都府はこの判決を拒否し、小野組への迫害をさらに強めた。新政府の官吏。地方官とは旧に手にした権力に慢心していた。 

 こうなると、硬骨漢司法省も棚っていない。本来行政訴訟の本件を刑事事件にした。結果、知事長谷信篤食材金八円、参事槙村に同六円を科した。
 
 それでも参事槙村はこの判決を拒否した。

 「この京都府と裁判所の対立は、中央の重大な政治問題に発展する。それはまた、大蔵省と司法省の対立となった。


 これから中央でどす黒い闘争が行われるのだが省略する。維新の三傑といわれる木戸にしてこの有様だ。「明治は清廉で透き通った公感覚と道徳的緊張=モラルをもっていた」(司馬遼太郎)という表現が当たらないのは当然だろう。

 次稿では「山縣は悪人なのか」と言われる山縣有朋を取り上げたい。


posted by 三間堀 at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。